美容室チェーンを買収

いつもありがとございます。美容師のハサミの専門家ミズタニシザーです。

昨年6月、中国系投資ファンドが某ヘアサロンの運営を手掛ける日本の美容室チェーンを買収したと話題を呼んでいます。日本の企業の買収についてこう語っています。
「中国のビジネスをさらに発展させるには、技術力やノウハウを持つ日本企業の協力が必要です。そのためには資本の力で日本企業を押さえつけるのではなく、あくまでも投資家として会社経営のアドバイスを行っています。某ヘアサロンチェーンは、日本人の手先の器用さやサービスの細やかさという価値を持っている企業ですが、日本では美容師が規制に縛られて事業を拡大できない。そこで中国に信頼ある日本ブランドの企業として進出させることにしたのです。
私は日本の明治、昭和の企業家を尊敬し、ホンダやトヨタの経営者に憧れています。しかし今は、日本企業の多くがサラリーマン経営者となり、気概が失われていると感じます。投資事業を通じて、私自身が日中経済を活性化させたいと考えています。」
東芝やシャープなどここ最近、海外の日本企業の買収が多く目に付きます。1980年代のバブル当時に日本が海外の会社をたくさん買収した時同じく、これからもたくさん日本、海外企業の中国の買収が続くでしょうか。



お読み頂きましてありがとうございました。本日も良い1日をお迎え下さい。
メイドインJAPANの技術を皆様へ
→ http://endless-18.ocnk.net

0コメント

  • 1000 / 1000